携帯電話でご覧の方はこちらへ

埼玉県川口市の遺言書作成は【遺言おまかせドットコム】

ごあいさつ

相続はいにしえより「争いのもと」と言われています。
親御さんのご存命中は仲の良かったご兄弟が、
相続が絡んだとたん急に争いになるケースも。
これは決して他人事ではありません。

このような「悲しい争い」を避けるため、
「遺言書」を作成されている方の割合は、年々増えています。
現在は6人に1人の割合で作成されているという統計があります。
これからご自分の相続を考える方にとっては、
法律家として「公正証書による遺言書の作成」を強くお勧めします。



遺言書の作成が特に必要な場合としては、次のような場合が挙げられます。

  • (1)あなたのお子様同士が疎遠である。
  • (2)あなたにお子様がいない。
  • (3)相続人以外に財産を譲りたい。
  • (4)相続人に行方不明の方や認知症の方がいる。


当事務所の提供するサービスは、次の3点です。

  • (1)遺言公正証書の作成及び作成後の変更をサポートします。
  • (2)半年毎にあなたの安否を確認し、遺言書に変更の必要がないか確認します。
  • (3)万が一の場合は、遺言執行者としてあなたの遺志を忠実に実現します。

もちろん、上記サービスの一部の申込も可能です。


ご相談は、面談・電話・WEBすべて無料で承っております。
ゆっくりお話を伺いますので、お気軽にご相談ください。




無料相談のご予約をされる場合は 無料相談予約フォーム
当事務所の遺言・遺言執行費用を知りたい場合は 費用
一般的なご質問は FAQ
具体的なご質問は お問合せフォーム


川口市民法務事務所 代表:認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士 松本淳

改めておさらい・・・遺言とは?

遺言とは、故人が自分が亡くなったときのために遺した言葉およびその文書全般をいいます。
ドラマなどでは、
自分の死を受けた家族・親族に対する最後のメッセージとして描かれることもありますが、
民法上は死後の法律関係を明確にするための意思表示としてみなされます。
具体的には「遺した財産をどうするのか」など。

なお、遺産分割をはじめ、
遺言に法的効力を持たせるには民法にて定められた方式にて作成しなければなりません。
遺言の方式には複数ありますが、法的効力を持たせた遺言を作成するには、
法律の専門家の力を借りることが得策です。

主な遺言の種類(普通方式)

(1)自筆証書遺言 難易度:低 トラブルリスク:高

遺言者本人がすべて自筆で書き、押印するだけで作成できる遺言書です。証人などは不要で、費用もほとんどかかりません。今すぐ作れて、遺言者本人の判断でいつでも書き換えることもできる、もっとも手軽に遺せる遺言書といえます。

しかし、その手軽さの反面、偽造や変造、発見した親族による隠匿、本物の遺言書なのか筆跡などで争いになる……といったトラブルを引き起こしやすい側面も持っています。さらに、形式の不備や文字の解読が困難といった場合には、せっかくの遺言が無効となることもあります。なお、法的効力を持たせるには家庭裁判所での検認が必要です。

(2)公正証書遺言 難易度:高 トラブルリスク:低

公証役場において公証人が口述筆記にて作成します。つまり、自分で書くことはなく、本人談を第三者が書き残すことで客観性・公正性を持たせています。原本は公証役場にて保管されるため、偽造や変造、隠匿などの心配はありません。リスクがあるとすれば、2人つける必要のある証人が親族など一般の方であった場合、証人から遺言の内容が外部に漏れる可能性があります。

ただし、この証人を司法書士などに設定した場合は、職務上の守秘義務によって守られるため遺言の内容が外部に漏れることはありません。作成に費用はかかるものの、遺言を確実に遺し、その内容を遂行させたいという場合には公正証書遺言をおすすめします。

(3)秘密証書遺言 難易度:中 トラブルリスク:中

本人が作成するか、あるいは代筆によって作成する、遺言の内容を秘密にしておける遺言です。公証人であっても遺言の内容を誰にも明らかにしたくないという場合に採用されます。遺言書は任意の場所に保管できますが、紛失したり、発見されなかったりというおそれがあります。内容こそ秘密であるものの遺言の存在は明らかになるため、万が一の可能性として隠匿される可能性も否めません。なお、開封時には裁判所での検認が必要です。

特別方式の遺言とは?

上記「普通方式」の遺言の他に、「特別方式」という形式があります。特別方式の遺言は、遺言者が危篤状態にあったり、船舶で航行中であったり、伝染病に感染して隔離されていたり、といった特別でやむを得ない状況の場合にのみに遺すことができます。ただし、特別方式で遺言を遺しても、その特別な状況を脱して(普通方式の遺言を作成できる状態になって)から6ヶ月以上にわたり生存した場合、特別方式で作成された遺言は無効になります。

遺言にはさまざまな形式がありますが、遺言者にとってもっとも望ましい形で遺すにはやはり民法に従う公正証書遺言がおすすめです。意図しないトラブルで遺された家族、親族に負担を強いることのないよう、遺言書作成を検討中の方はぜひご相談ください。

埼玉川口にある川口市民法務事務所は、
さいたま市・川口市・蕨市・戸田市・所沢市・川越市・越谷市などを中心とした
埼玉県近郊にお住まいの方からの遺言に関するご相談をお受けしています。
ご相談は無料です。

当サイト運営事務所

川口市民法務事務所のホームページ

埼玉県川口市
認定司法書士・行政書士・土地家屋調査士事務所
川口市民法務事務所

http://www.office-kawaguchi.jp

事務所は埼玉県川口市にございますが、県内・都内の方はもちろん相談によっては全国からのご依頼に対応できます。登記、債務整理、その他法律に関するご相談は無料で承っておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

川口市民法務事務所アクセスマップ

ブログ「債務整理と過払い金の事例100撰」

年中無休で受付中

お問合せ

フリーダイヤル0120−232−242

− 主要営業エリア −

埼玉県

さいたま市、川口市、蕨市、戸田市、川越市、入間市、鳩ヶ谷市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、熊谷市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、本庄市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、桶川市、加須市、北本市、久喜市、春日部市、草加市、越谷市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、伊奈町、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、騎西町、北川辺町、大利根町、宮代町、白岡町、菖蒲町、栗橋町、鷲宮町、杉戸町、松伏町、美里町、神川町、上里町、江南町、寄居町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村

東京都

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、小金井市、国立市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、福生市、青梅市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、西東京市

千葉県

千葉市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、館山市、木更津市、銚子市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市

神奈川県

横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、三浦市、小田原市、相模原市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、南足柄市

認定司法書士・行政書士
土地家屋調査士
川口市民法務事務所

〒332-0034
埼玉県川口市並木2-37-2
TEL 048-240-4620
FAX 048-240-4621

COPYRIGHT (C) 2007 -2013 Kawaguchi Civic Legal Office. ALL RIGHTS RESERVED.